SCION tC vol.4

f:id:flashsss:20180524192214j:plain

 

【'07 SCION tC】

 

続きです。

 

SCION tC vol.1 - Sapporo Street Spectacle

SCION tC vol.2 - Sapporo Street Spectacle

SCION tC vol.3 - Sapporo Street Spectacle

 

ここまでシリーズにしたら

せっかくなので備忘録も兼ねて

SCION weekにしようと思う。 

こんな記事書くの日本中探しても

自分くらいだろう。

(見る人がいるかは別として)

 

f:id:flashsss:20180524193737j:plain

購入の翌年2010年

少し部品を付け足した。

 WheelはTE37のバッタもん

ROTA GRID 18x9.5

 

不運な事にPCD100の5Hハブを持つこの車。

世の中のカッコいいホイールは

みんなPCD114.3の5Hだった。

f:id:flashsss:20180524195813j:plain

f:id:flashsss:20180524202009j:plain


 

100の5で探しても出てくるのは

プリウスインプレッサレガシィ

細いホイールばかり。

ここでも苦悩が生まれた。

 

しかし、当時Web(確かSCION Lifeとか)で

色々見ていると

「アメリカの若者がよくこれ履いている

 このTE37みたいなホイールはなんぞや

 なんか結構かっこいいやん。これ欲しい」

という回答に至った。

 

今みたいに個人輸入は盛んではなかったが

日本で売ってないし、欲しいとなると

手に入るまで諦められないクチな私。

金を捨てる覚悟で海外Webからポチった。

f:id:flashsss:20180524200327j:plain

当時の自分はもうこれで大満足。

RS1のフロントリップを装着し

 

アンテナをHONDA S2000

ショートタイプに変更した。

純正の長いアンテナが好きだったが

アメリカ人は短くしがち。

だから短くした。

理由はそれ一つ。

 

f:id:flashsss:20180524201746j:plain

ヘッドライトも'08up(後期型)の物に変更

テールが前期のままなのは

背伸びの中途半端後期仕様ではなく

後期ヘッドライト+前期テールが

絶対にカッコイイという

拘りがあったから。 

f:id:flashsss:20180524193920j:plain

全塗装する前のシルバーも好き。

ルーフとのコントラストが

はっきりしている。

 

f:id:flashsss:20180524201916j:plain

札幌人ならわかる「今絶対撮れない写真」

 

 

つづく