SCION tC vol.3

f:id:flashsss:20180523174344j:image

【'07 SCION tC】

 

続きです。

SCION tC vol.1 - Sapporo Street Spectacle

SCION tC vol.2 - Sapporo Street Spectacle

 

こうやってWebに残しておけば

誰かモノ好きがSCION tCを買った時

此処に辿り着くんではないかと

淡い期待をしているが

いかんせんニッチな車種なので

その願望は報われないかもしれない。


f:id:flashsss:20180523174348j:image

そのまま純正で乗ってるつもりだったが

まだ20代の私には我慢出来なかった。

2009年の夏に車高を下げ

同時にマフラーを変更した。

 

車高調はUS TEIN。

当然国内のTEINにはSCION tC用は無いので

US aftermarket partsになる。

 

マフラーはUS TRD。

こちらも同様にTRDの専用パーツ。

 

f:id:flashsss:20180523175825j:image

後にわかるのだが

この車種、とにかく車高が下がらない。

写真で全下げ状態。

ここから私の苦悩は始まる。

 

f:id:flashsss:20180523180412j:image

それでもこの頃

この純リムでペタっと下げたスタイルが

結構気に入っていた。

今自分がまたこの車に乗るなら

このスタイルでユルリと乗りたい。

 

f:id:flashsss:20180523184150j:image

基本的にヘッドライトはハロゲン派だが

当時自分の中で勝手に

「車高を下げて改造したらHID入れても良い」

ルールを設けていたのでインストール。

しかし結局数年後には気に入らなくなり

元のハロゲンに戻す。

 

「足したり引いたり」

「行ったり来たり」

「付けたり外したり」

 

これを悩みながら楽しむのも

USDMという括りでの

車の楽しみなのかなと勝手に思い込んでいる。

 

アレ付けてコレ付けてソレも付けて

とにかく目立てばOKなら

ドン・キホーテに集まる連中と

変わらないかなと。

 

最後はSCIONにあまり関係無かったかな。

 

つづきます。