New generation

度々、私のブログには

クラシックカーと言うに値する年代から

90年代くらいの比較的古い車が登場する。

 

新しい車が嫌いかと言えば

そんな事もない。

f:id:flashsss:20180215210911j:image

V36 SKYLINE

Infiniti G35 conversion

 

f:id:flashsss:20180215211123j:image

f:id:flashsss:20180215211838j:image

数年前に流行したスタンス系ブーム。

最近ではやや食傷気味にもなっている

VQ系日産車種の一つ(いきなり酷い)

 

巷では

インパクトのある

高級な深リムホイールに

高価なエアサスとボディ加工。

こんなスカイラインをよく見る。

 

f:id:flashsss:20180215212442j:image

そんなスカイラインが多い中

 

オーナーのNakamuraは

ちょっとズレていた。

 

「まず全部US仕様にしたい」

 

全部と言うと果てしないのがこの世界。

それでも彼はコツコツと変更していった。

 

光軸が変わるだけで見た目には

なんの変化も出ないUSヘッドライトも

OEM品なら数万円で買える物なのに

純正品じゃなきゃ嫌だと20万円近くも出し

 

誰も見やしない

ウィンカーとワイパースイッチを

US純正パーツで左右逆にし

 

外装のみならず内装に至るまで

ひたすら調べては買って取り付け。

 

更に上のカスタムカーを作れる金銭と時間を

彼はアメリカ仕様を突き詰める事に費やした。

これが以前も述べたUSDMである。

 

f:id:flashsss:20180215214430j:image

もちろんカッコつけるのも好きなので

VOSSEN Wheelをサクッと履いてるのも良い。

このVOSSEN Wheelも

後にフロントのサイズが気に食わないと

2本買い換える程の拘り。

 

しかしながら

結局の所はUS仕様に拘る彼は

純正ホイールで純正車高でも

雰囲気を出せる車を日々目指している。

この姿勢が車に現れていて

本当にカッコイイなと感じる。

オシャレだし。

 

また、車とは別に

ファッションとしてNIKE DUNK SBを

愛する彼の一面も私は推している

f:id:flashsss:20180215214636j:image

と思って写真を探してきたが

よりによってこの日は

AIR MAX 95を履いていて

なんの説得力も無い記事になってしまった。

全て私のせいである。

 

 

 

※車が好きなこのblog読者には
今更感が強い説明も多々あるが、

当ブログには光栄な事に
今まで車について全然興味が無い方も
「見ているよ」と応援してくれているのだ。

 

また逆も然りで、

ファッションやスニーカーやスケートの記事に

興味を寄せてくれる車好きな方も多い。

 

全てをバランス良く説明したり紹介したり

器用な事は出来ないかもしれないが

札幌のStreetに興味がある人誰もが

読んで楽しめる、そんなblogにしていけるよう

私自身日々精進していきます。

 

今後ともよろしくお願いします。