Maintenance

f:id:flashsss:20180214220502j:plain

雪まつりが終わってひと段落

とは言えどもまだまだ

インバウンド客で溢れるここ札幌。

 

インバウンド客の履いてる

スニーカーを見るのが面白い。

その辺の日本人よりレアな靴履いている。

 

履いてるだけ。

 

全然カッコ良くは無い。

 

インバウンド客に限らずとも

超絶汚いスニーカーの人も

やっぱり気になる。

 

汚いのはスケートシューズだけで充分。

 

スニーカーのリペアというか

ゴミを再生させるのも好きだ。

f:id:flashsss:20180214214017j:plain

こちらは北見のセカストで3000円にて購入した

2001年製の

NIKE AIR JORDAN 1 RETRO ROYAL

である。

 

プライスタグを見れば入荷日もわかるのだが

長い事この北見に放置されていた様なので

私が拾ってあげる事にした。

 

家に帰って魔法をかけてあげるために、

f:id:flashsss:20180214214020j:plain

まずはミッドソールとアウトソールを残し

新聞紙でグルグル巻きにする。

 

この後は企業秘密・・・

と言うのは冗談で(ジョーダンだけに)

バイオレットブライトを使用し

天日干する。


 

 

その後はジェイソンマーク等を使い

仕上げにクリームを使用する。

スニーカーと言えど革である。

洗うだけではなく

クリームで保湿するのも大切である。

f:id:flashsss:20180214214012j:plain

ほら復活だ。

革も艶が出ていきいきしている。

何よりミッドソールの黄ばみ汚れが

白くなったのはありがたい。

若干黄色く見えるのは我が家の照明が

暖色だからである。

 

スニーカーを手入れするのも

衣類のシミを落とすのも

結構(いやかなり)好きだ。

 

特にシミや汚れが原因で

安く売っている古物は

本当に大好物だ。

すぐメンテナンスする。

そして仕上げる。

この流れ鉄板である。

 

依頼があれば

貴方の物もやってあ・・・・げない。

自分でやれ。

 

難しい事は何一つないので

是非チャレンジしてみてほしい。

 

f:id:flashsss:20180214220946j:plain

どうでもいいが

最近は先日届いた

Diamond Supply x PUMA

をよく履いている。