Those fascinated by “TNF”

最低気温はマイナス10℃とまたまた冷え込んだ朝であった本日の札幌。

f:id:flashsss:20180130101902j:image

こんな日は家に引きこもっていたい所ではあるがそうもいかない。

せめて暖かいウェアに身を包み、暖房ポカポカの車で出かけたい所だ。

 

今日はそんな寒い日に欠かせないウェアについて。

 

“The North Face

 

このブランドを知らない人は流石にいないだろうが、ファッション関係やアウトドアブランドに疎い方はこんな事実を知っているだろうか。

 

f:id:flashsss:20180130142552j:image

f:id:flashsss:20180130142915j:image

こちらは私がつい先日購入した

2018年の春夏新作モデル

The North Face

MOUNTAIN LIGHT JACKET (NP11834) KT

定価: ¥38,800(tax in)

なのだが、

実は今現在こちらの商品を入手する事は非常に困難なのである。 

店頭はもちろんオンラインショップもどこも軒並み完売している。

 

それ故にセカンダリーマーケットとなるヤフオクなどではこんな事になっているのだ。

f:id:flashsss:20180130143346j:image

別にコラボ商品でも何でも無い、俗に言うレギュラー商品であるマウンテンライトジャケットが、5万円近くもの値段で売買されている。

 

もちろんこの様な事態はこれが始めてではないが、昨今のノースフェイスは特に著しく入手が困難になっている気がする。

 

ちなみにこの5万円近い値段を出すなら

MOUNTAIN LIGHT JACKETではなく

f:id:flashsss:20180130144943j:image

f:id:flashsss:20180130145002j:image

The North Face

MOUNTAIN JACKET (NP61540)

定価:51,840

の方が買えてしまう。

 

同じじゃないの?

何か違うの?

そう思った貴方はほぼほぼ正解。

 

ほぼ同じだ。

しかし細かいギミックが結構違ったりする。

 

f:id:flashsss:20180130151653j:image

 

MOUNTAIN LIGHT JACKETには無いパウダーガードやメッシュ始め、インナーの装備がしっかりしていて、そのまま山にも登れる山岳用アウターシェルなのがMOUNTAIN JACKET。

 

対して二次市場で高騰しているMOUNTAIN LIGHT JACKETだが、基本的にはタウンユース思考のウェアであるため、MOUNTAIN JACKETとは似て非なるものである。

 

このスペックを考えると、やはりスペック大好きオタク男子諸君としてはMOUNTAIN JACKETが欲しくなると思うのだが、何故か人気はMOUNTAIN LIGHT JACKETの方に軍配が上がっているようだ。

 

同じ値段を出すなら絶っっっ対
MOUNTAIN JACKETを買った方が良いと思う。

 

世の中の需要がイマイチわからないが、

一つ言えるのは、これだけMOUNTAIN JACKET推しをしている私がしっかりMOUNTAIN LIGHT JACKETも買っている辺り、世の中スペックだけでは魅力は語れないという事である。

 

一つ言うならLIGHTの方は

【丈が少し長めで、着用した時のシルエットがとても良く気に入ってしまったのだ】

 

この謎のフィーリングこそがスペックなんぞ全てどうでも良くなるマジックなのである。

 

ちなみに余談であるが、上記ジャケットの2種どちらにもZIP IN ZIPシステムという装備を採用しているのだ。

f:id:flashsss:20180130154954j:image

このようにフロントZIPの内側にもう一つ謎のZIPがあり

 

f:id:flashsss:20180130155118j:image

お手持ちにThe North FaceのZIP IN ZIP対応のダウン等があれば(写真はAconcagua Jacket)

f:id:flashsss:20180130155225j:image

f:id:flashsss:20180130155255j:image

このようにドッキングする事が出来る。

これを考えた奴は本当に天才だと思う。

 

マウンテンジャケットが春秋のみならず

北海道の真冬でも着る事が出来るのだ。

 

さらに余談の余談であるが

マウンテンジャケット買って、更にノースのダウンも買ったら予算が……。

そんな貴方にも暖を取る装備がちゃんとあるのだ。

f:id:flashsss:20180130155920j:image

f:id:flashsss:20180130155935j:image

UNIQLOのモコモコ(¥2,149)

いや冗談じゃなくて本当なんです。

f:id:flashsss:20180130160333j:image

f:id:flashsss:20180130160350j:image

f:id:flashsss:20180130160408j:image 

Mountain JacketのMサイズに

UNIQLOのLサイズがピッタリ。

(MだとZIPが寸足らずになる)

こんな工夫も出来るので、持っている方がいたら是非試して欲しい。

コストパフォーマンス最高である。

 

 

それにしても、The North Faceがここ数年で急激に人気上昇してきたのはやはり人気ブランドとのコラボなのではとも思う。

f:id:flashsss:20180130152118j:image

f:id:flashsss:20180130152142j:image

f:id:flashsss:20180130152317j:image

f:id:flashsss:20180130152332j:image

私自身も色々コラボ物には手を出してきてはいるが、この人気がレギュラー商品まで及ぶとまでは思わなかった。

こうなると更に購入し難くなってしまい結構辛いかもしれない。

 

なんだかんだThe North Faceはレギュラー展開している商品が一番好きだ。

f:id:flashsss:20180130153128j:image

そして、やはりタウンユースにはThe North Faceが良い。

 

ColumbiaやPatagoniaも良いけど

やっぱりThe North Faceが良い。

理由は言葉で説明するより手に取って着用してその満足感を貴方自身で感じてもらいたい。

 

これを見てThe North Faceがムズムズと欲しくなったら是非店舗に行ってみると良いだろう。

 

 

【THE NORTH FACE 札幌池内店】
060-0061
北海道札幌市中央区南一条西2-18 IKEUCHI GATE 1F
011-281-6213

THE NORTH FACE SAPPORO IKEUCHI (@tnf_ikeuchi) • Instagram photos and videos

 

【THE NORTH FACE+ 札幌ファクトリー店】
060-0032
北海道札幌市中央区北二条東四丁目 サッポロファクトリー2条館B1F
011-207-4131

THE NORTH FACE+ SAPPOROFACTORY (@tnf_sapporo) • Instagram photos and videos

 

その他の北海道内取扱店はこちら

北海道 | THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) 公式サイト